眠りたいのに眠れない症状がもたらす弊害

男性

眠りたいのに眠れないという状態が精神的な焦りを伴い、結果的に朝になるまで眠りにつけなくなる状態のことを不眠症といいます。不眠症の原因とされているのは様々な要因があります。例えば、心配事があって目を閉じていても不安に感じ、結果的に眠りにつけない状態が続くことがあります。また、体は疲れているのに精神が過敏になってしまい、眠ることができない状態が続くことがあります。これら不眠症がもたらす弊害は、日中の集中力の低下に現れはじめ、仕事や家事などに支障をきたすことがあります。このような不眠症の場合には、放っておいても悪化するばかりで治る見通しが立ちません。そのため、できるだけ早く心療内科で治療を受けることです。

ヨガでリラックス効果

悩む男性

体をあえて疲れさせることで睡眠導入効果をもたらすことができるとされています。ヨガやストレッチなどは体の筋肉の緊張を解し、心地よい疲れをもたらすことができるため、スムーズに眠りにつくことができるようになります。不眠症に悩む人にはヨガが効果的であるとされているため、症状の改善のためにヨガスタジオに通う人も増えています。また、睡眠前のストレッチをすることも、体に適度な疲労感をもたらし、リラックスすることができると言われています。ストレッチ効果によって体に酸素が送られるために、血行が良くなって緊張がほぐれるのです。不眠症に悩んでいるのであれば、まずは気軽に実践することができるヨガやストレッチを試してみるのも良いかもしれません。体は心地よい疲労感を感じると、自然と睡眠に入っていくことができます。そのため、睡眠薬に頼らずに眠ることができるようになるのです。

睡眠薬で生活リズムを作る

悩む男性

どうしても眠ることができず、昼夜逆転生活を送っているという人には、睡眠薬を利用することで生活リズムを作ることができます。不眠症が悪化すると、朝が来るまで眠れないためにインターネットをしたり動画を見たりしたりして朝まで起きているという人が少なくありません。朝になってようやく眠ることができるようになるので、起きるのは良くてお昼過ぎ、最悪なパターンだと夕方まで眠ってしまうということもあります。こうなってしまうと生活リズムが乱れてしまうため、睡眠薬を用いて生活リズムを整えます。まず、決まった時間に睡眠薬を服用します。そうすると徐々に決まった時間に寝て起きるという週間を取り戻すことができるようになり、生活リズムを改善できます。