HOME>ホットトピックス>精神面でのケアと社会復帰をサポートの必要性

目次

家族のサポート

精神的な問題から不登校になり、学校にいけなくなってしまう児童が増えています。また、不登校はうつ病との関連性も多く指摘されていることから、心療内科などの医療支援を受けることも必要不可欠です。子供の心の問題を改善するために、大阪の心療内科に相談することで、解決への一歩を踏み出すことができるのです。心療内科では親御さんのみの相談も受け付けているため、診察のために当人を必ずしも連れてこなければならないというわけではありません。引きこもりがちで外に出られないようであれば、まずは親御さんとの面談を通じて、不登校児童を抱える家族の心理的なケアを行っています。

精神的なケアと自立をサポート

心の問題を抱える不登校児童には、精神的なケアが大前提となります。そのため、大阪の心療内科では、はじめに精神的なケアからスタートし、徐々に自立や復学へのサポートを一歩々々行うことを目指して取り組んでいるのです。

外部の支援団体と提携

大阪の心療内科では、不登校児童に対して外部の支援機関と連携を取りながら、社会への復帰をサポートします。不登校はうつ病や精神的な問題を抱えているケースが多いため、まずはそのケアに取り組むことが求められます。